ヘッダー

メインコンテンツ

チケット類(禁止されている出品物)

概要

メルカリではコンサートやスポーツの試合などの様々なチケットを取引することができます。
急用で行けなくなってしまったイベントなどの各種チケットを、安全にお譲りいただけるようルールを設けています。

事務局が禁止出品物に該当すると合理的な理由に基づき判断した場合は、取引キャンセル・商品削除・利用制限などの措置を取る場合があります。


どのようなものが違反になりますか?
  • 転売目的で得たとみなされるチケット
  • 記名式チケットや、個人情報の登録のあるチケット
  • 航空券、乗車券、旅行券
  • 電子コードで利用可能な映画チケット
  • 電子コードで利用可能な握手券
  • 電子コードで利用可能な株主優待券
  • 使用が利用者本人に限られているもの
  • 出品者の手元にない、まだ発券されていない状態のチケット類(予約番号のみも含む)
  • 代金支払い証明書・引換票・別途支払いが必要となるチケット
  • その他、上記と同等とみなされるもの

違反にならないケース

上記の違反になるチケットの条件に一つも当てはまらず、チケットの全体像が画像から確認できる場合に限り出品可能です。

詳細はチケットの出品における注意点をご覧ください。


禁止されている出品物一覧に戻る