ヘッダー

メインコンテンツ

清算期限までに清算が間に合わない場合

メルペイスマート払いの清算期限までに清算いただけない場合

アプリ内通知でもご案内しておりますが、メルペイスマート払いの清算期限はご利用月の翌月末日までです。
個別での清算期限延長の対応等は行うことができません。

また、清算期限を超えた場合は、コンビニ/ATMもしくはメルペイ残高でご清算可能です。

メルペイは回収業務の一部を弁護士法人に委託しているため、清算期限を過ぎて未清算のお客さまには弁護士法人からのご案内が届くことがあります。あらかじめ、ご了承ください。

《委託先事務所名一覧》

  • 鈴木康之法律事務所( HP
  • 神田お玉ヶ池法律事務所( HP
  • 市ヶ谷中央法律事務所( HP

なお、清算はメルカリアプリを通じたお支払いのみで弁護士法人に直接お支払いいただくことはございません。


注意点

清算期限までにご清算いただけなかった場合、ご清算が完了するまでメルペイスマート払いのご利用をお断りするほか、残高(売上金含む)の充当(期限超過充当)を行います。

また、定額払い契約中のお客さまが清算の期限を過ぎた場合、延滞情報が信用情報機関に提供されます。お客さまの今後の与信判断に影響がある可能性があります。

なお、清算期限超過後もご清算の確認ができない場合、下記の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。

  • メルカリ/メルペイの一部機能の利用を制限する場合があります。
  • 未払いのメルペイスマート払い債権、手数料等の回収を第三者に委託することがあります。
  • 年率14.6%の遅延損害金を請求することがあります。
  • お電話または書面でご清算のご案内をすることがあります。

※遅延損害金の計算方法についてはこちらをご確認ください

メルペイ利用規約第16条第7項に定める弊社が適当と認める充当順序及び方法は、以下のとおりです。

未払いのメルペイスマート払い債権がひと月分のみの場合

  1. 未払いのメルペイスマート払い債権に関わる遅延損害金
  2. 未払いのメルペイスマート払い債権に関わる費用
  3. 未払いのメルペイスマート払い債権

未払いのメルペイスマート払い債権が複数月分ある場合

  1. 最も古い未払いのメルペイスマート払い債権に関わる遅延損害金
  2. 最も古い未払いのメルペイスマート払い債権に関わる費用
  3. 最も古い未払いのメルペイスマート払い債権
  4. 最も新しい未払いのメルペイスマート払い債権に関わる遅延損害金
  5. 最も新しい未払いのメルペイスマート払い債権に関わる費用
  6. 最も新しい未払いのメルペイスマート払い債権

2022年1月以前の利用分を延滞している場合

2022年3月15日まで、清算期限までにお支払いが確認できない場合、回収にかかる費用として2週間ごとに延滞事務手数料(¥300)を加算しておりました。

2022年3月16日以降は、新規の加算を停止しております。

※定額払いを契約中もしくは契約したことがあるお客さまには延滞事務手数料は発生しません
※2022年3月15日以前に加算された延滞事務手数料については引き続きお支払いいただく必要がございます
※2022年3月15日以前に加算された延滞事務手数料については従来同様「メルペイスマート払い債権にかかわる費用」として充当されます
※お支払い済みの延滞事務手数料の返金には応じかねます。予めご了承ください

例)2022年1月利用分の清算期限を超過後も未払いの場合

  • 2022/2/28:清算期限当日
  • 2022/3/1:延滞事務手数料(¥300)を加算
  • 2022/3/15:延滞事務手数料(¥300)を加算
  • ※2022/3/16以降、延滞事務手数料が加算されることはありません